有限会社ウェルネスシモノ レンタル商品

車イス

有限会社ウェルネスシモノ|車イス
車イスの機能は大きく分けて、駆動と座位保持の機能があります。

自分でこぐことができるかどうか、端座位姿勢が安定しているかどうかを基にして、さらに本人の体格に合わせて寸法を選ぶようにしましょう。
中でもモジュラー型は調整が可能であり、アームサポートの跳ね上げ機能等がついているので、移乗もしやすくなっているのが特徴です。

車イス付属品

有限会社ウェルネスシモノ|車イス付属品
車イス用クッションは座り心地と床ずれ予防を配慮する必要があります。

端座位姿勢が取れるかどうかと臀部の筋委縮があるかどうかで、床ずれのリスクを把握しましょう。

特殊寝台(電動ベッド)

有限会社ウェルネスシモノ|特殊寝台(電動ベッド)
付いているモーターの数により背上げ、膝上げ、高さ調整が手元のスイッチで操作できるので、立ち上がりや車いすへの移乗が簡単です。

利用者が必要に応じた姿勢をとることができます。

利用者の自立を促し、介護者の身体的な負担を軽減します。

特殊寝台付属品

有限会社ウェルネスシモノ|特殊寝台付属品
マットレスは寝心地と寝返りのしやすさと体圧分散効果を配慮して選ぶようにしましょう。

特に寝返りが困難な方や臀部の筋肉に委縮(臀部が痩せている)がある方の場合、床ずれのリスクが高くなっているので、注意して選ぶことが必要です。

床ずれ防止用具

有限会社ウェルネスシモノ|床ずれ防止用具
柔らかくからだに接し、体圧が分散するように工夫されています。
じょくそうの原因となる耐圧を分散する機能や、自動的にからだの向きを変える機能など、種類により異なります。

ご利用者の身体状況や日常生活の状況を確認したうえで選びましょう。
また、車いすを使用する場合は車いす用クッションを併用するなど、他の福祉用具との組み合わせも検討しましょう。

体位変換器

有限会社ウェルネスシモノ|体位変換器
体位変換器は、寝返りなどの姿勢変換の介助を容易にするための福祉用具です。

動力を用いて周期的な寝返りを促す機種もありますが、介護者の状況と介護を必要をされている方の身体機能を総合的に評価して選定することが重要です。

手すり

有限会社ウェルネスシモノ|手すり
手すりの目的は立ち上がりの補助と移動の補助です。

使用場所によってさまざまな種類がありますが、手すりを押して立ち上がるか、引っ張って立ち上がるかの確認をするようにしましょう。
また移動に使用する場合には手すりの高さは基本的には手首の位置付近になりますが、バランスが不安定な方の場合には、少したかめの方が安定することがあります。

スロープ

有限会社ウェルネスシモノ|スロープ
スロープは、主に車いすや歩行器(車輪付き)のように車輪のついた用具を使用する際に有効な段差解消の福祉用具です。

玄関の上がりかまちや段差、自動車への乗り込み等には板状のものやレール状のものが、また、敷居のような数センチ程度を解消するには三角版が有効です。

歩行器

有限会社ウェルネスシモノ|歩行器
歩行が不自由な人の歩行を助けるための用具で、主に屋内での歩行時に体の体重を支える目的で用います。

歩行補助杖

有限会社ウェルネスシモノ|歩行補助杖
疼痛、骨折など疾患がある側に書ける体重を少なくする、バランスをとる、歩行リズムを獲得するなどの目的で用います。

認知症老人徘徊感知機器

有限会社ウェルネスシモノ|認知症老人徘徊感知機器

認知症老人徘徊感知機器は、認知症高齢者が自宅や自室などから一人で外へ出ようとすることを家族や介護者に知らせる福祉用具です 。

 

認知症老人徘徊感知機器には、小型の機器を携帯する携帯装置タイプと、特定の場所を人が通過することを感知するエリア感知タイプがあります。

移動用リフト(釣具の部分を除く)

有限会社ウェルネスシモノ|移動用リフト(釣具の部分を除く)
立ち座りの際、歩ける人は移乗機器を必要としませんが歩けなかったり、立ち座り動作ができなかったりすると、様々な場面での移乗動作を確保することが自立した生活の基本となります。

移乗機器を活用して、自立した誇らしい生活をつくりましょう。

自分で移乗できない場合は、介護者の負担が少ない移乗方法を確保しましょう。

自動排泄処理装置

有限会社ウェルネスシモノ|自動排泄処理装置
男性か女性か、尿器類の選択は大きな分かれ目です。

ご利用者様それぞれの排泄方法に合った形や機能を選びましょう。